出雲北陵高校
小学生の皆さんへ
中学生の皆さんへ
保護者の皆さんへ
卒業生の皆さんへ
北陵高等学校
学校総合案内
北陵中学
北陵幼稚園
創立105周年事業
入試情報
美しい緑の学園

全国大会に向けての抱負

第59回全日本吹奏楽コンクール出場に向けての抱負を述べます。
吹奏楽部 全国大会へ向けての抱負
 私たち吹奏楽部は、10月23日(日)東京の普門館で行われる全日本吹奏楽コンクール全国大会に出場することになりました。まず始めに、保護者の皆様はじめ、応援してくださったすべての方々に、部員一同心より感謝申しあげます。
 昨年、一昨年と中国大会で代表になれなかったため、部員の多くは全国大会を経験したことがありません。私を含め部活動を引っ張っていく3年生の多くも出場したことがなく不安はありますが、中国支部代表として自信と誇りを持って演奏し、金賞を受賞できるように努力したいと考えています。
 今年のテーマは「挑戦」です。他校には他校の良さがあり、北陵には北陵にしかできない良さがあります。全国大会ではそんな北陵の良さをしっかり表現し、「北陵サウンド」を会場中に響かせ、審査員の先生方はもちろん聴衆の方々にも北陵の音楽を聴いて感動してもらえるように、最後の最後まで気を抜かず、「挑戦」し、追求し続けたいと考えます。
 全国大会では課題曲Ⅴ「薔薇戦争」より戦場にて、自由曲の交響詩「ローマの松」を演奏します。特に自由曲はオーケストラの曲を吹奏楽に編曲した作品で表現にとても苦労しました。また、とても有名な作品で審査員誰もが知っている曲ですが、審査員の先生方を圧倒できるような演奏をしたいと考えています。自由曲は古代ローマの至るところの「松」を表現した曲です。演奏を聴いている人にそんな風景が浮かぶようにしっかり表現したいです。
 全国大会までの残された大切な時間を、もう一度原点に振り返り、基礎練習を大切にし、最後の最後まで精進していきたいと考えています。応援よろしくお願いいたします。     (吹奏楽部 部長 田中直樹)